マイクの洗浄・消毒について



安心・安全にご利用いただくために最も重要な課題と考えております。




今後もより一層の安心・安全にご利用いただける体制を構築していくべく、研究してまいります。
ご不明な点がございましたらお問い合わせ頂ければ幸いです。









カラオケボックスでクラスターが発生していない理由


カラオケボックスでクラスターは発生していない


“いろんなニュースでカラオケ店でのクラスターのニュースが話題になっています。最近では石川県や富山県でもありました。歌う時は喋る時の5~6倍の飛沫を放出するので、歌うと危険だと容易に想像できます。しかし良く思い出してください。クラスターはカラオケ喫茶などで発生していて、カラオケボックスでクラスターは発生してないんです。第一波の時も今回の第二波においてもありません。”

「一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会|カラオケボックスは安全より引用
https://www2.karaoke.or.jp/covid-19/ (外部リンク)|(2020年9月9日)



上記は、「一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会」のホームページより引用しておりますが、カラオケボックスではクラスター(集団感染)は発生しておりません。
カラオケボックスの安全性と「昼カラ」の誤解と当社の基本方針について説明します。



カラオケボックスの安全性について、換気と3密についての検証動画


要約いたしますと、カラオケボックスの各部屋は窓がない、または窓を開閉しない設計になっているため、換気扇による換気に頼っております。
そのため、強力な換気装置が備わっており、この強力な換気がクラスターが発生していない理由と考えられます。


【昼カラ】でのクラスター

6月にはいり北海道札幌市、小樽市を中心にクラスターが発生し、従業員も含めると100名近くの感染者が発生している。
その後も、東日本を中心にクラスターの発生が確認されている。
これらのクラスターは【昼カラでクラスター(集団感染)】と報道されてきた。


【昼カラ】の誤解

「カラオケ喫茶」や「スナック」で「昼間の時間帯」にカラオケをすることを【昼カラ】とコロナ関連報道で表現されるようになったため、「カラオケボックスでクラスター」と誤解されるに至っている。

報道での【昼カラ】とは、
カラオケ喫茶やスナックで日中にカラオケをすることであり、朝から夕方まで長時間利用され、カラオケ以外に飲食や会話と高齢者を中心とした交流の場として運営されているものである。



当社の基本方針


新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大予防ガイドライン(サイト内リンク)から当社の基本方針といたしまして、

1.3密の回避
2.換気の徹底
3.各店周辺地域において、感染拡大のリスクが残る場合には、各店個別に対応を強化する

以上の、3つの基本方針を掲げています。


皆さまにおかれましても、「3密の回避」「手洗い・消毒」「身体的距離の確保」などの安全のための対応をしていただきつつ、安心してご利用いただけるよう、心よりお待ちしております。




アプリのご紹介とダウンロード





ダウンロード(iphone/android)

カラオケライブ
開発元:TOSCOM CO,.LTD.無料






アプリ会員特典



カード会員も募集中!


詳しくは各店スタッフにお尋ねください。






会員情報の削除をご希望のお客さまは、店舗スタッフまたは
info@karaokelive.jp までご連絡ください。

※ 会員番号、または生年月日とお名前が必要です。






TOPページ


お誕生日定番ソングのご紹介



Happy Birthday to You でおなじみの曲



DAM

【 歌手名 】 → 【 Traditional 】 で検索
曲名は 【 Happy Birthday To You 】になります。
オススメはロングバージョン
リクエストNo.1302-37



Joysound

【 歌手名 】 → 【 Birthday Song 】で検索
曲名は 【 Happy Birthday to You 】 になります。
オススメはお手本ボーカルをONにしてご予約を!





カラオケライブのオススメ定番ソングBest3




1.誕生日/熊木杏里
「誕生日のことは覚えていますか?」で始まる曲
読売TVのten 「めばえ」のコーナーで有名です。
関西人は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。


2.Happy Birthday / back number
誕生日ソングといえばコレです。
彼女の誕生日には、同じバクナンの花束もいいですね。


3.乾杯/長渕剛
会社や後輩の誕生会に、かけがえのない友人に
しっかりと歌いあげましょう。